Archive

Archive for 2月, 2018

アフター直虎モデル事業「天竜浜名湖鉄道を活用したモデルコース造成とツアーガイド研修事業」を実施

2月 22nd, 2018

 静岡県西部支援局より委託を受け、大河ドラマ放送後も誘客促進に繋がるモデルコース造成と担い手となるツアーガイド養成研修会を、平成30年1月27日(土)に開催しました。
 天竜浜名湖鉄道沿線のボランティアガイド団体に呼びかけ8団体、25名が参加しました。
 天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅に集合して、二俣城址・清瀧寺(信康廟)、久留女木の棚田、龍潭寺について地元ガイドから説明を受け、気賀駅で解散となりました。

 途中の昼食交流会では、各団体の活動報告や課題について意見交換を行い、NPO法人の武藤理事長は、「来訪者からゆかりの地として要望の多かった地域資源を結んだ。地元ガイドが案内することにより付加価値も生まれる。天竜浜名湖鉄道沿線の地元ガイドが連携することも重要。」と今後の交流を目的としたガイドツーリズム推進についての可能性を述べました。

アフター直虎モデル事業

「大河ドラマ「直虎」から観光まちづくりへ」講話

2月 22nd, 2018

 平成29年11月28日(火)茨城県鉾田市区長会約60名様が視察会で龍潭寺を訪れ、NPO法人理事長の武藤佑吉が、大河ドラマ観光について、官民の受入体制の取り組み、来訪者の現状、今後の地域活性化手法等について講話しました。

 特に地元のボランティアガイド活動について、「未経験者も含めて約100名が浜松市観光おもてなしガイドに応募し、来訪者おもてなしの最前線で活躍した。当初は不安も抱いていたが、来訪者に喜んでいただけたことが励みとなり、自分たちの地域の魅力についても再確認になったよう。今後もゆかりの地等との住民交流を進めていきたい。」と話しました。

井の国